シリンダーが大きく凹んだダンパーの修理作業 | ハイエース用オーリンズのカスタマイズ・オーバーホールなら|静岡県富士市のAzur

TOP >  シリンダーが大きく凹んだダンパーの修理作業

脚回りをクラッシュして、シリンダーがフレームに当たって大きく凹んでしまったスーパーオーリンズの修理作業です。

ガイドロッドの直ぐ下で凹んでいるので、この状態では分解できませんが、ガス&オイルを先に抜いておいて、シリンダーを安全な箇所で切断。無事に中身を摘出出来ました。

オーリンズのパーツは非常に高価ですが、とても頑丈で割れたり折れたりすることはまずありません。ロッドは曲がることによって他への衝撃を吸収する役割もしています。ロッドが折れた(千切れた)ことは過去に1度もありません。

というわけで、問題無く再使用できるパーツを摘出して作業を進めます。

Calendar Loading