新製品ニュースの記事一覧 | ハイエース用オーリンズのカスタマイズ・オーバーホールなら|静岡県富士市のAzur

新製品ニュース

新型BRZ&GR86用スーパーオーリンズ&BPSダンパー

2021年12月24日

新型BRZ&GR86用スーパーオーリンズとBPSダンパーの製作が年をまたいでまだまだ続きます。
最近、「旧型と何かが変わりますか?」とか、「新型BRZとGR86とではダンパーの基本的なスペックが変わりますか?」という内容のご質問をよくいただきます。
特にジムカーナのPN車輛やライトチューンでサーキットを走る人には、とても気になるところだと思います。
まず、旧型から乗り換えの場合、ダンパー&スプリングはそのまま装着できます。
なので、まずは今のスペックで走って見て不満な点があったらそこを対策するとお考えの方が多いと思います。
なるべく余計なお金は掛けないというのが私の仕事上の基本スタンスですが、今回は「乗り換えと同時にダンパーをOH&仕様変更した方が無難です」とアドバイスさせていただいてます。
その理由は、旧型と新型はかなり動きが違うということ。もちろん何万キロも酷使した車体と新車の車体の違いも大きいです。
細かいポイントはまた個別にご説明させていただきますが、最も重要な点は「動きが凄く良いので、このままでOK!」となってしまうことです。
これが実にもったい無いと思うのです。
変更点は僅かなことなのですが、この僅かな変更点がより新型の良さを引き出してくれます。
当たるも八卦、当たらぬも八卦では、新型のメリットを最大限発揮するまでに遠回りをしてしまう可能性も否めません。
他のメーカーさんもこのあたりはキッチリと対応してくると思いますが、うちのユーザー様にも安心してご依頼いただけるスペックをご用意しました。
ノーマルの良さをより引き出すセッティング。
競技車輛を含め、ライトチューン車輛のセッティングを星の数ほどやってきたAZURのノウハウは相当なものですから。
もちろん、新品ダンパーの製作のご依頼もお待ちしています。
ユーザー様の使用目的に合わせて、スーパーオーリンズとBPSダンパーからチョイスしていただけます。
スーパーオーリンズとBPSダンパーの違いを具体的に知りたい!というユーザー様はお気軽にお問合せください。
1番大きな違いは、街乗りメインの人はスーパーオーリンズ(DFV仕様)がお勧めということです。
スーパーオーリンズでもタイム重視のスペック(アズライトスペック)もご用意していますし、BPSダンパーはもちろん問答無用な運動性能を発揮します。
これ以上の違いに関しては、勘違いされてしまう内容も含まれますので、直接お問合せいただければ幸いです。
ストリートスペックからタイムアタック専用スペック。また、その両方をカバーできるスペックまで、チューニング内容・走るステージ&コースに合わせてよりユーザー様のご希望にお応えできるように1セット・1セット、製作させていただきます。
そうそう忘れていました。新型BRZとGR86の違いですが、もちろんあります!メーカーさんの「なぜ、そうしたのか?」を大切にして、より各走行ステージに合わせてセッティングします。
また、新型はもちろん旧型BRZ&86用のスペックも常に進化していますので、そちらもどーーーんとお任せください!
年明けしばらくは年内にご依頼いただいたダンパーの製作でいっぱいいっぱいですが、年明けから全力でダッシュできるように頑張ります!
みなさまからのご依頼を心からお待ちしています♪m(__)m

新型BRZ&GR86用BPSダンパー&スーパーオーリンズ

2021年12月14日

新型BRZ&GR86用のBPSダンパー・スペックRGのセットアップを進めていますが、めちゃお勧めのスペックが2種類完成しました。
この2スペックを基本に、更にユーザー様のご要望を取り入れてセッティングさせていただきます。
1つは、ガレージ天竜さんの新型BRZに装着していただいた天竜スペック(TW280相当対応)となります。
もう1つは現状のPNタイヤに対応したスペックです。
このダンパーを基準に、バネ&LSDとのバランスを取りながらアライメントを煮詰めて行っていただければ、その素性の良さから「更なる煮詰め」が難しいと考えられる新型BRZとGR86のセットアップの強い味方になることは間違い無いと思います。
もちろん、スーパーオーリンズもオーリンズの良さを最大限引き出すスペシャルセッティングとなっています。
ぜひ、BPSダンパー&スーパーオーリンズを次期戦闘機のパートナーとしてご検討ください♪
※バックオーダーをいただいておりますBPSダンパー&スーパーオーリンズも年内に続々と入荷予定です。その運動性能をお楽しみに!(*^^)v
※新型BRZ+BPSダンパー+ESAスプリングのシェイクダウン車載動画です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

GRヤリス VS GRヤリス

2021年4月30日

こうやって並べて見ると、細部の違いが良く分かりますね。
もちろん黒いダンパーがBPSダンパー、銀のダンパーがスーパーオーリンズです。
どちらも、ユーザー様のご希望に合わせたセットで製作いたします。
GRヤリス用サスペンションキットは、色々なメーカーから色々なタイプが発売されて来ました。
20万以下の格安ダンパーキットから、50万を超えるスーパーダンパーキットまで、選びたい放題となっています。
使用目的・ご予算・走りへの拘り(運動性能)でお選びいただければと思います。
ちょっとお高くはなりますが、ぜひ!スーパーオーリンズ&BPSダンパーも候補の1つとして、ご検討いただければ幸いです。

GRヤリス用スーパーオーリンズ発売間近です!

2021年2月17日

BPSダンパーを先行で発売して来ました、GRヤリス用にスーパーオーリンズがラインアップされます。
発売時期は4月頭を予定しています。
ランサーエボやスバルWRXと同様にフロントに40mm径のピストン・リアに46mm径のピストンを採用しています。
スーパーDFVおよびアズライトスペックはもちろん、前後の組み合わせもユーザー様のご使用目的に合わせてセッティング可能です。
超高剛性ストラットと前後46mm径ピストンが生み出す圧倒的な運動性能を誇るBPSダンパーと、オーリンズ伝統のピストン&バルブシステムが生み出す、しなやかで軽快な走りを誇るスーパーオーリンズ。
ユーザー様の様々なご要望にお応えする体制が整ったGRヤリス用AZURオリジナルダンパー。
どちらのお見積もお気軽にお問合せください♪m(__)m

しつこくESAスプリングのご案内。

2020年10月30日

しつこくESAスプリングの宣伝です!(^^ゞ
軽いFF車のリアで、絶対的な乗り心地を確保した上でのクイックでスポーティな動きが欲しいという場合、ESAスプリングを通常のレートより1~2Kほど低いものをセットすると、安定したフラットな乗り味を確保しつつ軽快な走りを得ることが出来ます。
その効果を説明している動画がこちらです。
車載動画からもコメント通りの動きをしているのが分かってもらえると思います。
FFのストリート系(もちろん競技系も)のユーザー様に、この動画のルーテシアのフロントUC-01,リアESAの組み合わせはかなりお勧めとなります。
FFのジムカーナ車輛で特にサイドターンの旋回スピードアップをお望みの場合にも有効です。
(注:セットするダンパーによってはバランスを出し難い場合があります。)

続・ESAスプリングの特徴。

2020年10月9日

ESAスプリングのお問合せをたくさんいただいております♪
ありがとうございますm(__)m
その中で、スイフトとハイパコと比べてどうなの?というお問合せもいただきます。
基本的に他社製品との比較は公にしないのが我々のスタンスですが、どのようなユーザー様にお試しいただければ、ということを超簡単にご説明させていただきます。
〇スイフトをお使いの人で、反応の良さはこんな感じが良いけど、もう少し腰が欲しい!もう少し奥で舵が効く方が良い!と、お感じの人。
〇ハイパコをお使いの人で、リニアな操舵感&トラクションはそのままに、全体的にもう少しクイックな動きが欲しい!低速コーナーでの反応を良くしたい!と、お感じの人。
セットするダンパーの特性にもよりますが、大体が上記のようなご希望にお応えする運動性を得ることが出来ると思います。
スイフトからの場合は、1~2K柔らかめのレートを、ハイパコからの場合は、ほぼ同レートで問題無いと思います。
ESAスプリングをご注文いただく際の参考にしてください。
シーズンオフのセッティング。タイムアタック系の人は、これからのアタックシーズンに向けて、ぜひESAスプリングをご検討ください♪(^O^)/
※なお、ESAスプリングは単体のご購入でも、39年目突入キャンペーン対象商品となります。(注:¥1.000-単位切捨ては適応外となります)

AZURオリジナル・ESAスプリング一般販売開始のお知らせ

2020年10月6日

ESAスプリング一般販売開始のお知らせ☆ ESAスプリングを発売してから半年。ESAスプリングの特性を完璧に把握するために、特定のスーパーオーリンズ&BPSダンパーのユーザー様限定でご使用いただいて来ましたが、その目的が達成できましたので、10月10日より一般ユーザー様対象に販売を開始させていただきます。 ということで、ESAスプリングの特徴を簡単にご説明させていただきます。 まず、サスペンションプラスUC-01と03との比較です。 ・腰の強さ  UC01>ESA>UC03 ・しなやかさ UC-01>UC-03>ESA ・反応の良さ ESA>UC-03>UC-01 〇ラインナップ ・内径 65mm ・自由長 6インチ 7インチ 8インチ 〇レート 4K~24K(1K刻み) 〇納期   ・在庫有の場合:翌日 ・在庫無の場合:3~4週間 ※基本的に受注生産となりますので、自由長&レートによって納期が変わる場合があります。 〇金額 1本¥13.000-(税抜き価格) 〇スーパーオーリンズ&BPSダンパーとのマッチングは各スペック毎に確認済みです。 他メーカー様のダンパーとのマッチングはお気軽にお問合せください。 https://www.youtube.com/watch?v=3M_xFwbOpG4

ヤリスGR4用BPSダンパー・1次スペック完成!

2020年9月25日

ヤリスGR4用BPSダンパー・1次スペック完成しました。
写真はフロントです。
シリンダーは大径50mm。もちろん全長調整式、キャンバーはブラケットで3段階に調整可能です。
リアもシリンダー径50mmの大容量タイプ。
今回はマル秘な箇所があるので写真は車体に取り付けてからとなります。
減衰調整はフロント24段、リア36段調整です。
シェイクダウンは10月1日。AZURの創立記念日の予定です。
ブレーキバランスやLSDのセット出しは、脚のフィッティングが終わってからとなります。
最終的な煮詰めはもちろんその後です。
まずは、ヤリスGR4が想像通りの走りを見せてくれるのか?
まだ、ナラシ中なので、あくまでも脚のバランスを見る程度の走行ですが、今から非常に楽しみです。

ヤリスGR4用BPSダンパー、急ピッチで開発中です!

2020年9月4日

ヤリスGR4用BPSダンパーは、現在急ピッチで製作が進んでいます(中西様、よろしくお願いしますm(__)m)。
すべてのダンパーメーカーから発売されるであろうGR4用のダンパーですが、開発コンセプトは各社で色々な思惑があると思います。
BPSダンパーも当然ですが、しっかりとしたコンセプトを持って開発します。
コントロール性はもちろんですが、車輛のメカニズムとの2人3脚が肝となると考えています。
もちろん、耐久性&車輛側への攻撃性も視野に入れる必要があります。
運動性能的には、スペックS・スペックG・スペックR(今のところスペックCの設定の予定はありません)ともに、基本スペックは、ノーマルの良さを最大限引き出すことです。
脚とブレーキパッドとドライビングシートの交換だけで、「やっぱりコイツを選んで良かった!」と思っていただける走りをお届けしたいと思っています。
というわけで、競技用もあくまでもノーマルスペック対応が基本です。
※ワンオフ製作なので、もちろんどのようなスペックも対応可能ですが。
どのスペックも価格以上の性能をお届けいたします。ご期待ください(^O^)/

ESAスプリングの特徴

2020年5月14日

最近、ESAスプリングのお問合せをたくさんいただきます。
まだ、個々のご希望に対応できる態勢は整っておりませんが、主力車種用のラインナップは近いうちに充実させてご対応させていただきますので、よろしくお願いいたしますm(__)m

と、今回はそういう宣伝では無くて、皆様からのお問合せでラインナップ&金額以外でのお問合せ内容としては。

①UC-01とUC-03との動きの違い。特性の違い。
②ハイパコやスイフトとの動きの違い。特性の違い。

この2つのパターンが圧倒的に多いです。
(中にはラインナップ&納期と金額だけ訊いて来て、その後の返事がまったく無い、多分同業者さんの探り的なお問合せも数件♪笑)

比較というと、みなさんが他のバネを含めてどのように評価されているのか?で、受け取り方が変わってしまいますので、今回はズバリ!単純にESAの使い方をご説明いたします。

・ジムカーナ・ショートサーキット・トリッキーなワインディング向き。
・レーシングコース向きでは無い。(車種によってはいけるかも)
・動きが「硬い」のでストリート向きでは無い。(低めのレートでもしっかりとした動きが欲しい人には合うかも)

こんな感じです。
現在、絶賛発売中です。
価格は1本¥12.000-(税抜き価格)
納期はメールでお問合せください。

このページのトップへ

Calendar Loading