静岡県富士市のAzur(アジュール)

新製品ニュース

V6エキシージS・ジムカーナスペック。

2018年6月28日

F地区のMR使い中本選手のエキシージV6。まだ、ブレーキと脚とタイヤ&ホイール交換のみでLSDも純正です。
社外のLSDが装着されたら、いよいよ本格的に脚の煮詰めに入ります(^O^)/
https://www.youtube.com/watch?v=EMpcCtXQ4vQ&feature=youtu.be

V6エキシージS、ファーストインプレッション

2018年4月26日

ちょっと確認のために、工場の周りをぐるっと走っただけですが、久しぶりに「とんでもなく気持ち良い走り」をするクルマに出会った気がします。
素直なハンドリングとぶっといトルク。操作性の良いペダル配置と見た目よりも良好な視界。フォルムからは想像できない扱いの良さです。
その走りは正にフラットライド。
路面に張り付く走りは快適かつやる気にさせてくれます!
60キロ以下のスピードでこの感覚はあまり経験がありません。ハイスピードな領域では空力も効いてくるので、その楽しさは容易に想像できます。
気を付けないと免許証が何枚あっても足りませんね♪(^-^;

納車後にユーザー様からメールをいただきました。一般道を走り出して直ぐにノーマルよりも乗り心地が良いことに驚いたそうです。セットしてあるバネはサスペンションプラスUC-03のフロント1△キロ、リア2◇キロと、かなりハイレートな組み合わせですが、高速の移動を含め、フラットで安定した走りが可能になったそうです。後はサーキットでの乗り易さですね。 また、ご連絡をお待ちしています。ありがとうございましたm(__)m

V6エキシージS用ブラックプログレススーパーダンパー装着完了!

2018年4月19日

V6エキシージS用ブラックプログレススーパーダンパー完成です。
用途は楽しく鈴鹿を走りたいということで、カリカリのアタック仕様ではなく、乗り易く懐が深い動きになるようにセッティングしました。
バネはUC-03。サイズ&レートは企業秘密♪
バルビングは街乗り前後8段でバランスが出るようにセッティングしました。
鈴鹿サーキットでも通用するバランスです。
実際は、6-6がお勧めですが。
グルリと試走して来ましたが、バルブシムが新品でも狙い取りに、しなやかで安心感のある乗り味でした。
後は、もう少しアライメントを煮詰めて完成です。
明日の完成を予定していましたが、1日早く終了です(^O^)/

V6エキシージS・リアスプリングマウントシート

2018年3月28日

リアサスペンションの形状が今までのエキシージと大きく異なるV6エキシージS。

減衰調整ノブをダンパー下部に持ってきているので、スプリングのマウント方法にも工夫が必要です。

そこで、アッパーシートにピッタリはまり込むマウントシートを製作しました。

セットするバネは7インチ+アシストスプリングです。

アシストの作動長はマウントシートの厚さで調整しますが、全長(車高)はダンパーのエンドアイのピロ部で微調整する方法を取っています。

V6エキシージS用ブラックプログレススーパーダンパー

2018年3月7日

V6エキシージS用Black★Progressスーパーダンパー完成です!
リアのダンパーのロッド長とL寸が肝となるレイアウトです。
もちろん減衰特性は練りに練ったスペシャルセッティングです。
Dマシンを含めて、多くの改造車をダンパー交換だけで秒単位のタイムアップを実現して来たノウハウが詰まった逸品です。

 

このページのトップへ

Calendar Loading