Style藍の記事一覧 | 静岡県富士市のAzur(アジュール)

Style藍

ハイエース用Style藍・フルコンフォートスペック装着。

2019年5月25日

GWを利用されて、うちのハイエースの試乗にお越しいただいて、その場で即決くださったユーザー様が、本日新品のStyle藍を装着のため、再度ご来店いただきました!
フルコンフォート仕様ということで、減衰も12-12を基本に10~14段でお望みの動きになるようにセットアップ。
今後、バルブシムが完全に馴染めば、よりフラットで快適な乗り心地とハンドリングをお楽しみいただけます。
本日は。ありがとうございましたm(__)m

遠路遥々、ありがとうございましたm(__)m

2019年5月5日

本日、GWを利用して、和歌山からハイエースの試乗にお越しくださいました!
AZUR周辺(昔DFVピストンの評価をした道路を含む)を実際にステアリングを握って運転していただき、途中で段数を変更して、その違いも体験していただきました。
その場でご注文くださり、取付も1か月後に、またAZURまでお越しいただけるとのことでした。
ありがとうございますm(__)m
帰路もお気をつけて! 来月もよろしくお願いいたします♪

ハイエース用ダンパーStyle藍・ニューテストスペック評価開始

2019年4月5日

ハイエース用ダンパー・Style藍のリアダンパーにニューテストスペック投入です。
軽いスーパーGLでも快適な乗り心地重視のコンフォートスペックとなります。
現行のコンフォートスペックに対して、乗り心地はそのままに、より安定した(現状も相当安定していますが)高速走行が可能になることを狙ったスペックとなります。
ファーストコンタクトは良好です♪
これから約5000キロの評価に突入です(^O^)/

職業病です♪

2019年2月11日

ほぼ毎週、東名&新東名を利用していますが、夕方や夜の早い時間帯に移動していると、本当にハイエースをよく見かけます。というか、視界の中に必ず1~2台は走っています。
で、気になる車高&動きのハイエースや荷物をかなり積んでいる(リアの車高が30mm以上下がっている)ハイエースを見かけると、失礼にならない車間距離で後ろに付いて、じっくりと動きを観察するのが常となっています。
特に、新東名の森~浜松SA区間の路面は酷いので必ずハイエースの後ろを走る様にしています。(積載車の時は無理ですが)
モデルの違い、車高の違い、荷物の違い、明らかに脚が変っている場合の違い等、これが凄く勉強になるんですよ。
でも、あまり飛ばしているクルマの後ろはつきません。
もちろんスピード違反したくないですし、こういうクルマは抜けきったノーマルダンパーの場合がほとんどなので。あ!もちろん山道で出会った時も後ろを失礼します♪m(__)m

順調に多くのご依頼をいただいております(^O^)/

2018年10月23日

Style藍をリリースして5年目。ハイエースは、ボディ形状、エンジン、駆動方式等のバリエーションの多さ、そして何よりオーナー様の使用目的の多様さは群を抜いています。
それらに1つのスペックで対応できるはずはありません。
まだまだ勉強中ですが、耐久性を含め、ユーザー様のご使用目的に合わせた各スペックも満足できる状態になってきました。
現在、メインとなるスペックは12種類(DFV6種類、アズライト6種類)です。それぞれのメインスペックから、そのバランスを崩すことなく、各ユーザー様のご希望に合わせて更に細かくセッティングしています。
今回、ご依頼いただきましたStyle藍も、1つのメインスペックをチョイスし、よりユーザー様のご希望の動きになるように更に細かく調整&製作させていただきました。
遠方からのご依頼も多いので、電話やメールでの打ち合わせがほとんどですが、お話を伺うだけで、十分に御希望の運動性能は把握できます。
デモカーでの実走評価に加え、多くのユーザー様からの生の声を基にセッティングされるStyle藍。
日々、進化するStyle藍を今後もよろしくお願いいたしますm(__)m

Style藍、減衰調整のコツ♪(動画)

2018年10月5日

九州繋がり♬

2018年10月5日

今月2台目のStyle藍。
1台目は九州のユーザー様へ。
2台目は九州へよく行かれるユーザー様へ。
なぜか九州繋がり♬
まいど!ありがとうございますm(__)m

Style藍・DFVニュースペック・ファーストインプレッション!

2018年8月25日

DFVニュースペック評価開始!
まずは、ファーストインプレッションその1。
https://www.youtube.com/watch?v=kt6owzMQhhk&feature=youtu.be

Style藍。ニュースペック・評価開始。

2018年5月24日

開発に最も必要なものは「挑戦する」ということですね。
しかも、それはあくまでもユーザー目線でなければ意味がありません。
誰が使っても同じ性能を出すものでも、使う人によって使い勝手も感想もそれぞれ違って来ます。
もちろん、要求される性能自体が大きく異なるケースもあります。
その「違い」に挑戦するのが我々の仕事です。
というわけで、今回のバルブシステムもチャレンジングなスペックとなっています。

Style藍、ニュースペック評価終了です。

2018年3月14日

今回の全日本ジムカーナ選手権第1戦のサービス移動で、現スペックの評価も距離&内容共に十分となったため、また新たなスペックの評価に入ります。
ユーザー様の「もうちょっと・・」を実現するために、スペック開発には終わりはありません!

このページのトップへ

Calendar Loading