ジムカーナの話題の記事一覧 | 静岡県富士市のAzur(アジュール)

ジムカーナの話題

サイドターンは旋回軸が命!

2018年10月27日

昔、こんな動画を撮りました。
動画の中で軸の位置について喋っていますが、カメラが運転席よりも、かなり後方&中央付近にあるので、運転席からの景色(位置)とは違っています。実際はAピラーよりも後ろに軸が来ます。また、S2000は他のクルマよりもAピラーがホイールベースの中心位置に近いので、このような説明となっていますが、86&BRZでは、Aピラーよりもかなり後ろに軸が来ます。
というわけで、春日井さん、軸の位置はAピラーよりも後方ですよ♪

明日はG6ジムカーナファインアートラウンド

2018年5月5日

明日はG6ジムカーナ・ファインアートラウンドですね。
私がシルビアで走ったファインアートラウンドの動画を探してみましたが見つかりませんでした。
あまり(まったく?汗)参考にはなりませんが、TGでのデモランの動画をどうぞ。
名阪は距離重視&ブレーキング重視のコースです。後は、立上り重視のライン取り。突っ込み過ぎてステアリングを戻すのが遅れると致命的なロスになります。
・ブレーキは手前で!
・ステアリングはいっぱい切っても素早く戻す!
・角度のある縁石は使わない!
この3つがポイントかな。
では、みなさんの健闘を祈ります(*^^)v

2013-04-28_103935
YOUTUBE.COM

決勝2本目・外撮り。

2017年11月7日

SC仕様・シルビアS15の全国レベルの大会、初挑戦は大健闘の2位入賞でした。

コースがかなりテクニカルだったので、他のFF勢にやられると思っていましたが、前半の高速区間での貯金のお蔭で何とか目標のお立ち台をゲットできました。

最後の3連続ターンはノーマルファイナルのS15には特に厳しかったですが、エンジンをストールさせないように最小限のホイールスピンとフェイントモーションを使って何とかクリアしました。

前日の公開練習では、このターンが無かったので、なんと!トップタイム♪

来年に向けて色々なデータが取れたので、目標1.5秒アップ!を目指してセットアップしていきたいと思います(^o^)丿

モーターランド鈴鹿ジムカーナ・チャレンジ第1戦

2017年3月19日

今日はモーターランド鈴鹿ジムカーナチャレンジ第1戦でした。
第1回から19台の参加がありました。
ありがとうございます。
サーキット側とは25台前後が丁度良いね。という話をしているので、第2戦以降、少しずつ台数が増えてくれるとうれしいですね♪
いつもオフィシャルを手伝ってくれる来夢スポーツのみなさん、AZURのクラブ員のみなさん、大須賀君&巧君、ありがとうございました!
また、次回もよろしくお願いします。

JMRC西日本ジムカーナフェスティバルIN美浜サーキット

2016年11月4日

西フェス無事に終了!
すべてのみなさん、お疲れ様でした。
そして、何より自分にお疲れ~~~
実は金曜日に雨が降る前にスタート&ゴール、そして大体のレイアウトを決めて敏ちゃんが来たら直ぐにコースを作ってもらおうと、1人で早出してタイヤバリヤーやパイロンを並べていた時に、またまた腰が~~~(滝汗)
午後は仁ちゃんとヤシロ君が手伝ってくれて、何とかなりましたが土日はマジできつかったです。
美浜のクラブハウスがあんなに遠かったのは初めてです!(笑)
これで、1年前からの西フェス限定のバイトも無事に終了。今度の水曜日から本職の美浜ジムカーナDAYです。
とりあえず、杏子選手がオーバーオールで優勝してくれたので今までの苦労と腰の痛みは吹っ飛びました♪
オーバーオールの走りはアジュールのフェイスブックページに載せますので、ぜひご覧ください。

新型86の体重測定

2016年10月3日

新型86PN仕様の体重測定。
後、5kg痩せてもOKです♪
でも、このくらいが安心です。
痩せ過ぎ注意!(笑)
BRZは基準重量が86よりもちょっと重いのでさらに要注意ですね。

最近のスポーツラジアル高性能化に関して

2016年9月23日

全日本を頂点としたJAF公認競技。
ジムカーナではタイヤ問題が活発に議論されていますが、私は公認競技以外の所謂「お遊びジムカーナ」にも、この問題が飛び火してくることを危惧しています。
「自分が好きなクルマで」「自分が好きなタイヤで」「自分が好きな改造で」、どんなクルマでも、どんなタイヤでも「競争」出来る範囲で楽しむのが基本です。
その方法はいくつかありますが、誰にでも「解りやすく」、尚且つ「競争」が出来るルールはそうたくさんはありません。
来年に向けて早急に検討したいと思います。
JMRC中部ジムカーナ部会長だった頃は、まずは選手の意見!でしたが、MSGSやMLSGCでは私と会場責任者とで決めるつもりです。
現場の人はあらゆる事例を知っていますからね。
ちかいうちに、相談しなくちゃ♪

今日は千葉のASLで新型BRZ&新型86のテストでした

2016年8月26日

今日は浅間台へ行ってきました。
午後2時までしっかり晴れて、有意義なテストが出来ました。
帰りもまったく渋滞もなく、午後5時過ぎにAZURに到着。
86もBRZも良いけど、やっぱりハイエースが1番♪(笑)

改造車には改造車のセッティングがあります。

2016年8月8日

改造車(ナンバー無)って、パワーもあるし(必ずしもそうではないけど)軽量化もしてるし、タイヤも太いし、なぜ?PNやNよりも遅いの?と思うかもしれません。
ナンバー無はなかなか練習できないということもありますが、1番の原因はバランスです。
特にボディに手を入れた場合はハンドリング&トラクションに大きな影響が出ます。
影響が大きいということは、バランスが悪ければデメリットも大きくなってしまうこともあるわけです。
反対にPNやNは、基本的にメーカーが作ったボディの仕事量が大きくは変わらないので乗りやすく、1発勝負のジムカーナでは安定したタイムが出る。(サーキットは空力も大きく影響するのでちょっと置いといてください)
というのが、その疑問の答えです。

私が20年近く前に乗っていた、写真のDマシン。
前後はパイプフレーム、アーム類ももちろんパイプで製作してありました。
浜松の自動車屋さんがダートラ用に製作したマシンをジムカーナ用のダンパー&バネに変更して三重のドライバーさんが乗っていました。
そのマシンを譲り受けて3年ほど乗りました。
購入して直ぐにテスト走行に行きましたが、ダートラ用のフレーム&アームはほぼそのままでダンパー&バネが海外製の有名ブランドモノが装着してありましたが、そのまま車高を落としていたので、ストレートでも真っ直ぐに走りませんでした!(汗)
その理由ですが、ブレーム&アームにも問題がありましたが、1番の問題は、このマシンはサイドエンジンだったということです。
丁度、助手席の脚元あたりにエンジン(4AG)があって、ミッションは助手席の位置にありました。デフはセンターにあったので、当然エンジン&ミッションは斜めにマウントされ、その部分はフロアが大きく切り取られアルミ板のカバーを外すと路面がよく見えました。(笑)
エンジン&ミッションのマウント位置は変更ができないため、川市チーフが厚い鉄板でフライホイールのカバーを兼ねて頑固なフレームを取り付けてくれました。
このフレーム効果とロールケージの取り回しを変えたことによって、マシンは真っ直ぐに走るようになりました。
ダンパー&バネをオーリンズに変更後は見違えるように乗りやすい?マシンに変身。 アルミモノコックボディを持つスーパーDマシン達と互角に戦えるまでになりました。

そうそう、あのC2ロードスターは10点式のロールケージ以外はボディ補強は一切無し。とあるフレームの剛性アップを1か所施しただけのノーマルボディでした。
クルマというものは何かを変更すれば効果が出ます。
その効果が大きければ大きいほど、ちょっとしたバランスでメリットにもデメリットにもなるというお話でした!
長文、失礼しました♪

センターエリア・ジムカーナ・チャレンジツアー2016

2016年1月12日

今日はお休みのところを幸田サーキット山本専務に面会。
今年から試験的に開始するセンターエリア・ジムカーナ・チャレンジツアー2016(CGC2016)の日程調整と具体的な方向性の打ち合わせをしてきました。
詳細は1月中にお知らせいたします!
過去には無かったツアーをお楽しみいただけるように各サーキットさんの特徴を活かした楽しい競技会ツアーにしたいと思います。
お楽しみに♪

※CGC2016参加サーキット  ・幸田サーキット ・美浜サーキット ・モーターランド鈴鹿
各サーキット共に、コース設定はハイエースでも走れるコース設定となります。フルノーマル車輛でも十分に楽しんでいただけます。




このページのトップへ

Calendar Loading