ハイエース用オーリンズのカスタマイズ・オーバーホールなら|静岡県富士市のAzur

アジュールの日記帳

ロードスターRFの電動ルーフは10秒で開くことが分かりました♪

2022年5月11日

先週のことですが、名阪スポーツランドで開催されたG6ジムカーナFAラウンドにお邪魔して来ました。参加者のみなさんに富士宮焼きそばをケータリングするのがメインでしたが、ノーサイドクラス(サイドターンを封印したクラス)のデモランもして来ちゃいました。

朝からかなりの雨が降ってデモラン直前もパラパラと雨が落ちてきていましたが、スタート待機していると完全に雨が止んだので「これはオープンだな!」と思い、スタート寸々に屋根をオープンしました。

すでにカウントダウンが始まっていましたが、完全にルーフが開いた瞬間にスタートシグナルが点灯というジャストタイミングで無事にスタート!(笑)
肝心のデモランは3分山のゼスティノ07Rで頑張って走りましたが、名阪のウェット路面はなかなか手強かったです。でも、めちゃ楽しく走れました♪

その証拠動画はこちらから↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=YoU3mwouiz4&t=303s

納期に関してのお詫び。

2022年3月8日

去年より何度かお知らせ&お詫びをさせていただいておりますが、相変わらずオーリンズの納期に時間がかかっていまして、お急ぎのユーザー様には大変ご迷惑をおかけしています。
ダンパーだけでなく、現在色々なモノが欠品状態で、この状況はしばらく続くと思われます。
また、特注のBPSダンパーもほぼ同等の理由で通常よりも納期がかかっている状況です。
お待たせしてしまう分も、ユーザー様のご希望に合った走りをお届け出来るようにしっかり作業させていただきます。
スーパーオーリンズおよびBPSダンパーのご購入をご検討されているユーザー様におかれましては、十分に余裕を持ってご依頼いただけますようにお願い申し上げます。

GR86でズルズルのウェット路面を攻める!

2022年2月22日

ウェット路面では、かなりナーバスな動きになると言われているGR86。

去年の全日本ジムカーナでは、33Sスイフトスポーツで常にトップレベルの走りを見せてくれた仲川選手が、今年から超久しぶりにFRマシン(GR86)で全日本ジムカーナにチャレンジします。

クルマは2週間にPN仕様にしたばかり。カラーリングもやっと終わっていよいよ本格的なシェイクダウンです。

午前中はドライでしたが、午後からは待望?のウェット路面となりました。

FRマシンは超久しぶりな仲川選手ですが、この時期のウェット路面は超ズルズルなキョウセイドライバーランドを目いっぱい攻め込んでいました。

まだまだ完璧な走りには程遠い操作ですが、このズルズル路面でウェットが苦手と言われているGR86を巧く走らせていました。

今年の活躍が楽しみです♪

※ズルズル路面を攻める仲川選手の動画はこちら↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=13n0e5w4jI4&t=19s

アルピーヌA110S。無事に引き渡し完了しました!

2022年2月14日

アルピーヌのオーナー様が予定通り、昨日引取りに来てくださいました。
試走時は60キロ以上出していなかったのですが、帰路の高速では大満足の走りだったとご連絡をいただきました。
これからバルブシムが馴染んできたら、更に笑っちゃうくらいのフラットライドでスムーズな走りとなります。
もちろん、サーキットでも安定した走りが可能です。(そこが1番の狙いですから)
BPSダンパーはバンプ&リバンプ減衰力同時調整の単純な機構ですが、そのバランスはスプリングとのマッチングを含め、高次元での走りを可能とします。
単純な機構だからこその安定した減衰力特性が得られるようにセッティングしています。
街乗りはもちろん、高速道路・ワインディング・サーキットとアルピーヌの運動性能を更に引き上げるBPSダンパー。
このBPSダンパーを選んでくださったユーザー様に心より感謝いたします。
今後も末永く、よろしくお願いいたしますm(__)m

モーターランド鈴鹿ジムカーナDAY・2022コース紹介

2022年2月11日

モーターランド鈴鹿・ジムカーナDAY2022のアタックコースです。
コース設定は石原支配人とおにへい選手です。
いやらしいカントのターンからの徐々に狭くなるスラロームから~のダブルパイロンターン。
3速全開の外周からのどんぐりシケインへのフルブレーキング。路面が変わるいやらしいどんぐりシケインのテクニカルセクション。
シケインを抜けての狭いショートカット。見た目以上に難しいインフィールドからの再度のシケイン。
全開トラクション重視の最終コーナー。
そして、ライン取り&ブレーキングが難しい1ヘアと2ヘア。ほとんど息をつく暇が無いコースです。
中部・関西からのアクセスも抜群のモーターランド鈴鹿で、スキルアップトレーニングをぜひ♪
実は、コース図を見ないでいきなり走ったので、どんぐりシケインのおむすびパイロンで遠回りしています(要するにミスコース!)。
ちゃんとコース確認して走れよ!なのですが、これはこれで難しいので、このコースで練習するのを有りだと思います。(マジ)
では、1本勝負のミスコースの車載動画をお楽しみください!(*^^)v
※動画はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=H1hkX3RvmKo

アルピーヌA110S用BPSダンパー・スペックRS装着!

2022年2月11日

大変、お待たせしてしまいましたが、アルピーヌA110S用BPSダンパーを装着していただきました。
街乗りも快適に、レーシングコースも気持ちよく全開で攻めることが出来るスペックRSです。
かなりハイレートなバネをセットしていますが、アルピーヌ+BPSダンパーの街乗りは、ストリート用NSX+BPSダンパーの乗り味に匹敵します。
ダンパーを装着していると、マジで「おい!おい!」的な部分が目立ちますが、走るとメチャ良いです。凄く丁寧な作りの部分と、なぜ?という感じな謎の作りの部分が混在しています。
走りは凄いけど、作りは行き当たりばったり的な♪(笑)
超重要パーツ(運動性能には影響ありません)の寸法が左右で違うのもアルピーヌならではですね。
後は、サスペンションアームのエンドアイはピロにして欲しかった!まあ、ゴムブッシュの良さもあるとは思いますが。
色々な意味で「さすが」なクルマです!
シェイクダウンが楽しみです♪

GR86用BPSダンパー・スペックRG装着。

2022年2月5日

今年何台目?
GR86用BPSダンパー+ESAスプリングを装着していただきました。
相変わらず良いクルマです。
色々な意味で♪

新型BRZ+BPSダンパー+ファイベックス

2022年1月30日

沼上選手がテスト走行動画を送ってくれました。

タイヤは去年、旧型BRZで使っていたファイベックスタイヤです。

この走行は前後12段です。沼上選手のドライビングは、この12段と10段・8段というちょっと強めの段数の組み合わせで、どんなコースにも対応出来そうです。

今後は、更に色々なコースで上記段数の組み合わせを試していただき、美味しいセットを出してください。(^O^)/

※走行動画はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=4qznZoNPq0w

 

GR86用BPSダンパー・ジムカーナPNスペック。

2022年1月27日

今年、3台目のGR86用BPSダンパー装着です。

新型BRZを含めて、スーパーオーリンズとBPSダンパーはすでに8セット目。

やはり人気な車種用はよく売れます♪
ありがとうございますm(__)m

こちらはヨコハマタイヤ装着車輌ですが、シェイクダウンが楽しみです♪(^o^)v

 

GR86&旧BRZ、パイロンコース区間別動画。

2022年1月26日

山口選手GR86と、安仲選手BRZの走行動画を梅本さんに1つの画面でまとめていただきました。(区間別比較付き)
山口選手のβ10が2年落ち。安仲選手のβ10が3年落ちということで、このタイヤの差が大きいのは確かです。このズルズル路面で安仲選手は無駄なホイールスピンを最小限に抑えて走行しているので、その差が立ち上がりに大きく影響しています。
左奥のダブルパイロンターンやゴール前の左360℃ターンも安仲選手は最小限のテールスライドでコンパクトにまとめていますが、やはりタイヤの差は大きいようです。
アクセルコントロール量が多い分、加速も当然遅れてしまうので、そこを加味して比べる必要があります。
しかし、やはりトルクの差はタイヤのグリップ差以上にあるようです。
グリップの低いタイヤのクラスでも、新旧の差はかなりあるのは間違いないようです。
各地のシリーズ戦では、新旧はクラスが変わるそうですが、当然の対策だと思います。
※動画はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=A-Av7aKgYmE&t=41s

このページのトップへ

Calendar Loading