ハイエース用オーリンズのカスタマイズ・オーバーホールなら|静岡県富士市のAzur

川村徹のちょっとタメになるお話の部屋

続・続・リアステアとリアスライドの違い

2021年9月6日

しつこく(笑)リアステアネタです!
今回は、稲川選手のGRヤリス+BSプレイズで美浜サーキット・ジムカーナDAYのSSPを走行した時の車載動画です。
PNスペックにエコタイヤは基本ド・アンダー仕様ですが、リアステアを使ってアンダーを殺しながらコーナーリングしているのが良く分かります。
唯一、下り勾配のBSEコーナーでブレーキングアンダーを出してミスってます。こうなるとリアステアは使えません。その後の定常円コーナーではしっかり反省してリアステアを使ってアンダーを殺しています。
ポン乗りの1本目とちょっと動きが分かった2本目の操作の違いを観ていただけると凄く分かり易いと思います。1本目はただ待っているだけの箇所が目立ちますが、2本目はしっかり意識して走れています。(と言っても70%の出来ですが)
こういうエコタイヤは本当に勉強になりますね。
セッティングの方向性を出すにも少しは役立ちますよ。
※動画はこちらから↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リアステアとリアスライドの違い。

2021年9月6日

リア駆動車のリアステアとリアスライド。
この2つは似て非なるものですが、タイヤがグリップしているか?タイヤがスライドしているか?という状況が最も大きい違いだということは誰でもイメージできると思います。(このあたりの詳しい話は、ふら♪さんにお任せします♪)
じゃ、グリップステアとスライドの境って何処なのよ?ということになりますよね。
もちろん「境」はあります。そこを感じることが最も重要だと思っています。その「境」は当然タイヤの絶対的なグリップ力、クルマのセット、コーナーの条件で変わって来ます。というか、変えています。
その「境」を自在に作り出すことが最も需要なポイントだと思います。
この動画の1コーナーは進入はリアステアを使っていますが、ショートカットへはリアを若干スライドさせてラインに乗せています。
なぜかというと、タイヤが冷えているとどうしてもこの舵角だとアンダー気味になってしまうポイントだからです。そうなるとブレーキをかけるか、アクセルを抜いてアンダーを消す必要が出てきます。
なので、1コーナーのリアステアのGを利用して必要なスライドを発生させて向きを変えながらボトムスピードを落とさないように操作をしています。
動画を観ていただくと一気にスライドさせるのではなく、自然にグリップからスライドへ移行しているのが分かると思います。
次のターンは、サイドを利用してリアタイヤをスライドさせていますが、立ち上がりではリアステア状態でタイヤを前へ転がしていますね。
奥のトライアングルでも、1コーナー&ショートカットとまったく同じ理由で操作しています。
戻ってからの左ターンも立ち上がりが下り勾配になるので、サイドでスライドさせてから、徐々にリアステアに移していってトラクションが抜けないようにしています。
キリックスからフェニックスでは極力スライドさせずにリアステアさせながらアンダーを殺してラインに乗せています。
ショートカットは右のリアステアのGを切り返すことによって、左のリアステアをスムーズに引き出していますね。
最後の右ターンもかなりの下り勾配なので、スライドは最小限に抑えて、立ち上がりはリアステアを利用してトラクションを最大限かける操作をしています。
タイヤのグリップを100%引き出しながら、フロントの舵を助ける荷重移動を利用するのがリアステアです。
リアステアをスムーズに引き出せないような低速&タイトコーナーでは、リアタイヤを若干スライドさせることによって、ボトムスピードを維持しながら、立ち上がりではリアステアへ移行させるのがポイントです。
サイドターンは正にコレです。
立ち上がりでアンダー気味になって、ラインが膨らんだり、アクセルが踏めなかったり、またリバースステアしちゃうような時に、リアステアをマスターすれば、ほとんどの場合その悩みはちょっとした操作で解消できます。
その「ちょっとした操作」を頑張って身に付けましょう!
そうなれば「境」も手に取るように分かって来ますよ♪
※動画はこちらから↓ ↓ ↓ ↓ ↓

タイヤ&ブレーキ&脚のバランスは大事です!

2019年5月9日

昨日の美浜ジムカーナDAY。大型連休明けで、参加台数も極端に少なかったので、久しぶりに大須賀選手のS2000のセッティングを確認しました。
タイヤをR1Rに替えてから初めて運転しました。
結果、ダンパーセッティングも車高もアライメントもOK!
でも、リアが動き出すポイントがちょっとだけ早いのが気になったので、そこをフロントのとある調整で対応してみました。
結果はバッチリで、かなり気温も路面温度も上がった午後のアタックで自己ベストを大幅に更新!
運転も良くなってますね♪
https://www.youtube.com/watch?v=nq-WvkI9YbM&feature=youtu.be

街乗りS15シルビアでウェットの美浜サーキット・ジムカーナDAYを走ってきました。

2018年6月8日

今日は美浜サーキット・ジムカーナDAYでした。
心配された大雨も、朝一だけで走行中は弱雨~ほぼ止んだ状態でした。
大雨の天気予報でしたが、当日エントリーが5台もあって23台の出走となりました。
みなさん、最後まで難しいウェット路面を果敢にアタックしてくれていました!
私も午前&午後のデモランとラストアタックを走行しましたが、2部山のβ02では成す術もなく(嘘)楽しくアタック出来ました♪
グリップの落ちたタイヤは、ちょっとしたブレーキングの強さ&残し方で簡単にオーバーにもアンダーにもなるので、とても良い練習になります。しかも、走行後のタイヤは2部山のまま(^O^)/
やっぱりウェット路面は最高です!
https://www.youtube.com/watch?v=Ah3HNL7zqbM&feature=youtu.be

このページのトップへ

Calendar Loading