ハイエース用オーリンズのカスタマイズ・オーバーホールなら|静岡県富士市のAzur

アジュールの日記帳

明日は幸田スポーツドライビング・ラボ走り納めSPL.です。

2022年12月28日

今日は昼休みの時間をお借りして、明日のコースのマーキングをして来ました。
ディパァの3本パイロンは路面の荒れ具合やイエローライン&ゼブラ等の問題もあって、マーキングを書き直すこと7回!
シンプルコースの安全な最終コーナーからゴールまでのラインも考慮して配置しました。
ちなみに、この3本パイロンは2023年幸田スポーツドライビング・ラボでも使用します(走り方は違います)。
明日の午前中の1発目の1コーナーはかなり滑ると思います。
ここでスピンするとリアからタイヤバリヤーに当たる可能性がありますので、最初の2本は十分にご注意を。
その他は飛び出しても比較的安全に設定したので、1コーナーさえ無事にクリア出来たら、後はイケイケコースです♪
では、参加されるみなさん。帰省ラッシュが始まっていますので、想像以上に高速はヤバイです。
120%の超絶安全運転でお越しください(^O^)/

幸田スポーツドライビング・ラボ2022ラストアタック外撮り動画です。

2022年12月15日

先日アップしました車載動画の外撮りです。路面温度約10℃とタイヤがゼスティノ07R・3分山としては相当頑張っていますね。
計測開始食後のショートカットは3速ノーブレーキですが、さすがにフロントタイヤの反応が乏しかったので手前から舵を入れてアンダーを出さないように、ほぼ狙い通りのコーナーリングが出来ました。
第3シケインを折り返してからはフロントタイヤのグリップ感がかなり出て来たので、調子に乗って8の字ターンへオーバースピードで入ってしまいました。でも、タイヤの山があれば十分に間に合うタイミングでしたね!
68歳の腰の痛い爺さんにしては頑張ってます♪(^O^)/

その動画はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=2dZEg1oV_qQ

2022最終セットで幸田スポーツドライビング・ラボのアタックコースを真剣に走って来ました。

2022年12月9日

今日、幸田スポーツドライビング・ラボの2022アタックコースを走るために、昨日の美浜SSPをパスして腰を温存して来たのですが、2022アタックコースはやっぱり半端無かったです!
というわけで、腰が痛くなるほどの全開アタックをご覧ください。
1コーナーのシケインは3速アクセルオフで放り込んでます。
ちなみに、気合が入り過ぎて8の字ターンの1発目をオーバースピードでミスってます♪(笑)
気合100%の動画はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=FPSQePqNNhc

新企画を考えました。

2022年9月28日

業務連絡!
来週の美浜ジムカーナDAYと幸田スポーツドライビング・ラボの時に、参加者のみなさんのクルマを私が運転して、その動きを外から観て、ご自分の運転の時との動きの違いを確認してもらう。ということをやりたいと思います。
条件は下記の3つ。
①私が普通に座ってヘルメットを被れること。
②フルバケ装着車輛に限ります。(これが1番重要です)
③タイヤは銘柄は問いませんが、4本共にそこそこ(3分山以上)山があること。
この企画は、参加者さんのクルマを私がポン乗りした場合、日頃クルマに慣れている参加者さんが運転している動きとはかなり違う動きが出る可能性があるということです。もちろん、動きが変わらない場合もあると思います。ドライビングスキルというよりは、操作の違いからくるクルマの動きの違いを目で見て確認していただくことが目的です。
後は、いくら私が経験豊富だからと言っても、何か問題があるクルマの場合はやはり動きがおかしくなってしまいます。私が「乗り難いな」と感じたクルマは個々のパーツやセットアップに問題がある場合が多いということになります。
それを言葉や数字だけでは無く、実際の動きとしてご自分で確認していただくことが可能というわけです。
同乗走行では、どうしても操作に気が行ってしまいがちですが、ご自分のクルマの動きを外から確認する機会はなかなか無いと思います。もちろんロガーを積んでいるクルマはロガー比較も可能です。
※年齢的・体力的な問題から募集台数は5台とさせていただきます。(2本続けて走ります)
ご希望の方は、朝のブリーフィング終了後に募集します。
希望者多数の場合は、ジャンケンで決めていただきます。
※美浜は午前SSAで。幸田は午前パターン練習コースでお好きなコースで行います。
※要望が多ければ今後も継続する予定です。

幸田スポーツドライビング・ラボ走り納めスペシャル!

2021年12月31日

29日は、今年最後の幸田スポーツドライビング・ラボでした。
コースは2021年走り納めスペシャルコースです。

年末なのに、午前も午後も満員御礼でした。みなさん、楽しんでいただけましたか?

みなさんの走行がすべて終了してから、私も2021年の走り納めをしました。

かなり気温も低く、ポストから撮影してくれた大須賀選手も風もあってかなりカメラがぶれてしまいましたが、ロードスターRFが手元に来て2ヵ月。計7回走行した総決算の走りです。

タイヤはゼスティノ・グレッジ07Rの前後235/40-17。エアーは冷間でフロント2.7、リア2.5。路面温度は6℃くらいでした。

RFはファイナルがATのファイナルギアなので、1コーナーのシケイン飛び込みは3速です!段差が結構あるので、3速はちょっと怖いですが、今まで乗っていたS15も3速だったので、RFでもチャレンジしてみました。結果、もうちょっと行けましたね♪(笑)

前半の連続S字区間や最後のスラロームでの動きは狙い通りでした。

後はサイドターンの精度を上げなければ!(これはドライバーの問題です)

まだまだ、ロードスターRFとのリンク度は80%くらいです。
来年は99%仲良くなることを目標に走り込みたいと思います!(*^-^*)

※ラストアタック動画はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=kvu7TkQ7p38

こちらはちょっとだけ先輩の片山選手GRヤリスのテスト走行動画です。

2021年1月12日

先週、BPSダンパーをスペック3にステップした片山選手に幸田サーキットでテストをしていただきました。

コースは幸田スポーツドライビング・ラボ午後アタックコースです。

動画はラストアタック!この日のベストタイムの走りです。

BPSダンパー・スペック3は前後12段です。片山選手のコメントでは、このコースならリアは14段の方がマッチしたかも?ということでした。

タイヤは前後08BスペックGです。

幸田スポーツドライビング・ラボの勧め♪

2020年8月7日

基本、毎月第一木曜日に開催している幸田スポーツドライビング・ラボ。
午前中は動画のパターン練習。午後はフルコースでのタイムアタックと、1日ご自分のテーマを持って目いっぱいスポーツドライビングの研究をしていただけます。

中部地区はもちろん、関東地区、関西地区からも来やすい立地で、設備も抜群です。タイヤも減らないので反復練習には持って来いです!

ぜひ、ご利用ください(^O^)/

練習会での同乗走行について。

2020年6月28日

来週は、水曜日が美浜ジムカーナDAY。木曜日が幸田スポーツドライビング・ラボ。1度工場に戻って金曜日は溜まったスペックシートの作成。土曜日は美浜オートテスト・チャレンジ。という感じです。
こう書くと、いつもとまったく変わらない1週間な感じですが、もちろんコロちゃん対策は万全を施します。
参加者のみなさん、関係者のみなさんも、コロナウィルス対策をしっかり行いながら楽しく、真剣に、思いっきり走ってください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なお、今回から、同乗走行はOKとします。
下記注意事項に十分に配慮してください♪

※同乗走行時の厳守事項

①車内での会話は一切禁止です。会話は車外で十分な距離を確保してお願いします。なお、車内での絶叫も謹んでください♪(同居のご家族はこの限りではありません)

②面倒ですが、車外でも近距離(3m以内)で会話をする際はマスクの着用をお願いします。※車内ではもちろんマスクの着用は必須でお願いします(フルフェイスを被っていても同様です。フェイスマスク着用の場合はマスク無しでもOKとします)

③ご自分のクルマ以外に乗車される際は、乗車前にしっかり手をアルコール消毒してください。グローブもマメにアルコール消毒をお願いします。(グローブが痛むかも?ですが、安全第一で!)

たった、この3つのことを気を付けていただくだけで、安全性はぐ~~~んと上がると思います。
新しい同乗走行のカタチを、しっかり作って行きましょう♪

スポーツドライビングの基本的なイメージ作り!(車載動画)

2020年4月8日

以前に公開した幸田スポーツドライビング・ラボのコース説明動画ですが、サーキット走行・ジムカーナ走行初心者・中級者さんには、とっても参考になることを言ってます。(自画自賛♪)
お暇な人はぜひご覧ください。

美浜ジムカーナDAY&幸田スポードライビング・ラボに関して

2020年4月2日

毎月開催しています美浜サーキット・ジムカーナDAY、および幸田サーキット・スポーツドライビング・ラボですが、こちらはサーキット主催で少人数で反復練習が出来る超安全な運営が可能です。
昨日・今日と開催して、やはり秒殺トレーニング(FSWGCの環境)とは安全性が異なることと、圧倒的に人数が少ないことも有、現状は来月も開催する方向で検討しています。
こちらも、何か動きが出た場合は、私のFacebook、各サーキットのHP&Facebookにてご案内させていただきます。
よろしくお願いいたします。

このページのトップへ

Calendar Loading