サポートドライバーの話題の記事一覧 | ハイエース用オーリンズのカスタマイズ・オーバーホールなら|静岡県富士市のAzur

サポートドライバーの話題

JG2クラス5戦中4勝の広瀬選手S2000!

2021年7月20日

このコンディションの中、2駆ベストの広瀬選手S2000!
JG4優勝の山越選手EF8&JG3優勝の佐野っち選手DC2を僅かに上回ったスーパードライビングです。
車載(ナイショ♪)を観ても、隙の無いほぼ完ぺきなアタックでした。
こういう状況下で、マシンのポテンシャルを100%発揮できる広瀬選手の集中力はマジ半端無いですね!(*^^)v
※動画はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓

片山選手GRヤリス!全日本ジムカーナ選手権IN四国で見事優勝しました!

2021年7月20日

大雨警報が出て大荒れになった全日本ジムカーナIN四国。
見事な走りでJG5クラスを制した片山選手&GRヤリス!
名阪後に、ミッションのトラブルでまったく練習が出来ず、またセッティングも私がFSWで出したセットのまま、ダンパーの減衰だけを12-12にしてのアタックです。
※動画はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓

全日本ジムカーナ選手権。JG2クラス・シリーズトップ!

2021年6月30日

今回の北海道遠征で、最もハラハラさせてくれたのが、JG2クラス広瀬選手です!
まず、金曜練習の1本目が終わった時点でスターターが割れてしまい、富良野の佐藤農園様の愛車からスターターを外していただき、土曜には何とか走れる状態に。
でも、金曜のメニューがまったく消化できなかったので、土曜の2本で本番セットを出すことになってしまいました。
今回の砂川のコースはご存知の通り、かなりテクニカルな設定。回頭性の良いS2000を更にきっちり曲がるセットで最短距離&最速ラインを確実にトレース出来るセットを2本で出していただきました。
正直、もう少し先のセットもあったと思いますが、まずは広瀬さんのフィーリングが第一なのは当然ですので、ここは広瀬さんの感覚で決めていただきました。
そして、迎えた本番!
ズミーさんのYouTube中継を観ながら動きをチェック。1本目は1コーナーから狙い通りの動きをしています。ストレートに出る奥の複合左コーナーも良い感じで立ち上がり、これはスピードが乗るぜ!と思った瞬間、前半のパイロンセクションのスラローム進入でABSが誤作動!止まり切れずにオーバーランしてしまいました。戻ってコース後半を確認する方法もあったと思いますが、タイヤに厳しい砂川の路面を考え、ここで走行を止めた広瀬選手の判断に乾杯です♪
で、迎えた運命の2本目。1コーナーから良い意味で集中した走りで、コーナー3つ曲がったところで28秒前半を確信しました。
その後は、やはり高い路面温度の所為で若干のロスはありましたが、難しい状況下での確実な走りで、ほぼ狙い通りのタイムを叩き出しました!
S2000の低速モリモリパワーはこういう中途半端な路面&コーナーリングには最高のパフォーマンスを見せてくれますね。
1本目を無事に走り切れていれば27秒中半は確実に出ていたと思いますが、2本目の走りは北海道遠征の集大成の走りだったのは間違いないと思います。
お疲れ様でした!優勝、おめでとうございます♪(^O^)/
※動画はこちら↓  ↓  ↓

沖縄魂!高江選手。全日本ジムカーナIN北海道・2位ゲット!

2021年6月28日

沖縄魂♪高江選手。
スイスポの動きは、かなり高江選手の走りに付いて来るようになって来ましたが、やはりもう1歩です。
パワーもフットワークも、やっとスタートラインに来たという感じです。
沖縄魂+スイフトスポーツの走りは、まだまだこれからです!
※動画はこちら ↓  ↓  ↓

稲川選手GRヤリス。全日本ジムカーナIN北海道で2位ゲット!

2021年6月28日

タイヤが間に合わずに、ぶっつけ本番でまともに走れなかった第1戦から、仕事が忙しくてほとんどテスト出来ずに、変わりに私がセット出しをしたほど(間違いなく私の方が走ってます!笑)走り込みとは縁遠い状態での参戦となった稲川選手。
練習走行から1本走る度にGRヤリス&12Dと仲良くなって、本番2本目に大幅なタイムアップをして見事2位をゲットしました!
私がプレイズでセットを出した時から、バネ&車高はそのまま、ダンパーの段数を12Dに合わせて、フロントを1段強めて、リアは強めが好みということで3段強めて、9段&7段での走行でした。
少ない走行本数で、自分の好みの動きに持っていく観察力と、その動きに操作をどんどん合わせていけるスキルは、やはり大したものだと思います。
四国には片山選手と稲川選手と2台のGRヤリスが参加するそうですので、タイヤも乗り方も違う2人の走りが今から楽しみです♪
※動画こちら ↓  ↓  ↓

稲川選手GRヤリス。やっと本格始動です!

2021年4月26日

とりあえず走っただけの第1戦から、初のサスペンションテストを秒殺トレーニングで実施。その後、筑波サーキット・ジムカーナ場で更にセットアップをした稲川選手GRヤリス。
まだ、完全ではありませんが、なかなか乗り易いセットが出たようです。

稲川選手のドライビングの特徴は「適切な舵角」だと思っています。
中・高速コーナーの巧さは抜群です!
反面、もっと切っても良いんじゃね?と、いう場面も見受けられます。
動画の最終セクションも、最後のターン以外は良い感じに見えますが、もう少しだけ切り込んだ方がGRヤリスの良さが出ると思います。
セッティングを含め。そこの改善でまだまだ走りは良くなると思いますね。

しかし、GRヤリスは本当によく曲がりますね♪

 

こちらは1本目でオーバーオールを決めた米澤選手の走り!

2021年4月12日

北海道地区戦で、見事にオーバーオール優勝を決めた米澤選手。

でも、2本目は欲を出して失敗したそうです♪(笑)
まだまだ、要修行ですね!(^O^)/

パイロンタッチでオーバーオールタイムをフイにした山口で選手のアタック!

2021年4月12日

関東地区戦で、まぼろしのベストとなってしまった山口選手の2本目の走りです。
スラロームや8の字ターンを結構ミスっているので、まだコンマ5秒以上はいけましたね!
要修行ということで♪(^O^)/

四国チャンプ徳永選手BRZの凄い走り!

2021年3月23日

四国チャンピオン、徳永選手の超絶に鋭い走りです!
ライン取りはもちろん、ブレーキング・アクセルワーク・車速の殺し方&加速の鋭さ。
タイヤは縦に転がっている時が最も仕事をしている時だ!ということが凄くよく分かる動画です。
ウェットは本当に勉強になりますね。
86&BRZ乗りのみなさん。
しっかり勉強してください♪(^O^)/

セットアップ!

2021年3月2日

先週の秒殺トレーニングで、とても良い走りを見せてくれた山口選手。
週末にツクバサーキットのジムカーナ場でデモランした動画を送ってくれました。
早速、拝見したところ、富士のジムカーナコースでは気にならなかった、とある動きが出ているのが分かりました。

タイムロス的にはロガーでも分かり難いほんのわずかな差ですが、本番のアタックでは、こういう動きが積み重なってコンマ数秒(コースによっては秒単位)の差が簡単についてしまいます。

早速、別のコースでも走行していただくことをお願いしました。
その動きを観て、具体的な対策をしたいと思います。

このページのトップへ

Calendar Loading