サポートドライバーの話題の記事一覧 | ハイエース用オーリンズのカスタマイズ・オーバーホールなら|静岡県富士市のAzur

サポートドライバーの話題

こちらは1本目でオーバーオールを決めた米澤選手の走り!

2021年4月12日

北海道地区戦で、見事にオーバーオール優勝を決めた米澤選手。

でも、2本目は欲を出して失敗したそうです♪(笑)
まだまだ、要修行ですね!(^O^)/

パイロンタッチでオーバーオールタイムをフイにした山口で選手のアタック!

2021年4月12日

関東地区戦で、まぼろしのベストとなってしまった山口選手の2本目の走りです。
スラロームや8の字ターンを結構ミスっているので、まだコンマ5秒以上はいけましたね!
要修行ということで♪(^O^)/

四国チャンプ徳永選手BRZの凄い走り!

2021年3月23日

四国チャンピオン、徳永選手の超絶に鋭い走りです!
ライン取りはもちろん、ブレーキング・アクセルワーク・車速の殺し方&加速の鋭さ。
タイヤは縦に転がっている時が最も仕事をしている時だ!ということが凄くよく分かる動画です。
ウェットは本当に勉強になりますね。
86&BRZ乗りのみなさん。
しっかり勉強してください♪(^O^)/

セットアップ!

2021年3月2日

先週の秒殺トレーニングで、とても良い走りを見せてくれた山口選手。
週末にツクバサーキットのジムカーナ場でデモランした動画を送ってくれました。
早速、拝見したところ、富士のジムカーナコースでは気にならなかった、とある動きが出ているのが分かりました。

タイムロス的にはロガーでも分かり難いほんのわずかな差ですが、本番のアタックでは、こういう動きが積み重なってコンマ数秒(コースによっては秒単位)の差が簡単についてしまいます。

早速、別のコースでも走行していただくことをお願いしました。
その動きを観て、具体的な対策をしたいと思います。

かなりFRの動きになって来ました!

2021年2月3日

今までは、ずっとFFマシンに乗って来た北陸のぼぶ選手。
ND5ロードスターに乗り換えてからも積極的に走り込んでいます。

まだ、細かいところで詰めどころはありますが、ぼぶ選手の持ち味である繊細かつ大胆なドライビングがFRマシンでも良い感じになって来ました。

スーパーオーリンズ・アズライトスペック+ESAスプリング+ESAアシストスプリングとのマッチングも良い感じです。
今年の活躍が楽しみですね♪

全日本チャンプ高江選手の次期マシンがシェイクダウン!

2021年2月2日

SA2クラスで3年連続全日本チャンピオンを獲得した沖縄魂・高江選手の本年度の戦闘機、ZC33Sスイフトスポーツが無事にシェイクダウンしました。

シェイクダウンと言っても、駆動系と脚とブレーキが入っただけの、ほとんどPN仕様での走行です。

タイヤもまだ暫定のセットとなります。今後パワーアップが進んで、脚のセットが煮詰まって来れば秒単位で速くなります。

ポン乗りで、この走りはさすが全日本チャンプですね♪(^O^)/

稲川選手・GRヤリス2回目の走行!

2021年2月2日

GRヤリス用のBPSダンパーと言えば、GRガレージ水戸インターさん(片山選手ドライブ)の動画で動きは観ていただいていますが、タイヤがPN仕様(08B&052)なので、今回はRE71RSを履いた稲川選手の走行動画で、その動きを確認していただければと思います。
先日シェイクダウンをして、まだ2回目の走行なので、車高やアライメントを含め装着時のままでの走行です。
稲川選手も本番はPNタイヤ(RE12D)を履くので、細かいセット出しは12Dを履いてからとなりますが、現時点でも今後のセットアップの方向性は少しずつ見えてきているので、次回の走行ではかなり乗り易くなると思います。
稲川選手自身ずっとFFで走って来たので、4WDマシンはもちろん初めてです。2回目でこの走りはさすがです♪

稲川選手GRヤリス!ついにシェイクダウン♪

2021年1月11日

全日本ジムカーナ・稲川選手のGRヤリスがついにシェイクダウン!

4WDマシンは初めてとなる稲川選手ですが、さすがクレバーな走りを披露してくれました。

まだまだBPSダンパーのバルブの馴染が出ていないので、動きが遅れる部分が出ていますが、バルブが馴染めば本来のクイックでトラクションバッチリな動きになると思います。

タイヤは前後RE71RSです。

2021年・仕事初め!

2021年1月5日

今日から工場が本格的に仕事初めとなりました。

2021年、1発目の作業はこのマシンです!

BPSダンパーがスペック3(片山選手仕様)に進化しました!

さて、狙い通りの動きになるのか?超楽しみです♪

GRヤリスは車輛の作り込みが素晴らしいので、正直ある程度バランスが取れた脚回りなら、直ぐにそれなりに走れてしまいます。それは自分でステアリングを握った時に最初に感じたことです。

スペック2は失敗セットでしたが、その失敗セットがとても重要でした。スペック2のお陰で、今回のスペック3の完成度は相当高いです。

名阪スポーツランドでのスペック1。IOXアローザでのスペック2から進化したスペック3。 悪いはずがありません!(*^^)v

 

 

GRヤリス用BPSダンパー・2次スペック評価開始!

2020年11月1日

片山選手にBPSダンパーの2次スペックのテストをしていただきました。

シェイクダウンから2回目のテスト走行となります。ダンパーの動きを確認するために、バネは変更なし。車高もアライメントも変更なしです。

1回目のテスト走行動画と比較しても確実な進化が分かります。

まだ、片山選手のドライビングが色々と試しながらの状態ですので、この動きに慣れて来れば相当良い走りが見れそうです。

まずは、片山選手にGRヤリスにもっと慣れてもらって、その後バネを含め更にセットアップをしていきたいと思います。

このページのトップへ

Calendar Loading