アジュールの日記帳の記事一覧 | 静岡県富士市のAzur(アジュール)

アジュールの日記帳

新型GRスープラの電子制御ダンパーに興味深々!

2019年6月10日

新型GRスープラに採用されている電子制御ダンパー。
モンロー製ですが、バルブシステムはオーリンズ製ですね。
オーリンズの電子制御ダンパーといえば、C2ロードスターとYT37にテスト品を装着させていただいて約5年間使わせていただきました。
最初は普通の箱車で制御方法の確認をさせていただいて、まずはメーカーが設定した制御による実際のクルマの動きを把握した上で、各センサーからの入力を実際にどのようにバルブの動きに反映させるのか?を大まかに調整、その後実走評価による具体的な信号の強さでのダンパーの働きをコントロールするユニットのセットアップのお手伝いをさせていただきました。
基本的な制御レベルの設定が終えたバルブをロードスター用のダンパーに組み込んで、後は走りながらセットアップを続けて、2ヶ月くらいで満足が行く動きが得られるようになったと記憶しています。その後はハード面での変更によって制御(ソフト)方法とのマッチングを数回確認しましたが、当時としては非常に頭が良いシステムだったので、セッティングは簡単でしたね。
この電子制御ダンパーのネックは、やはり価格だったようで、当時(20年以上前)では、一般的なダンパーに対する金額差の面で苦労していたと聞いています。
当時の自動車メーカーさんも、そこまで走りを重視していなかったことも現実問題として大きな壁になっていたのだと思います。
あれから20年以上経って、ダンパーメーカーも自動車メーカーも技術面&製造面での進化と、意識(価値観)の変化によって、当時の電子制御ダンパーとは比較にならない性能を発揮していることと思います。
日本では唯一、社外の人間でオーリンズの電子制御ダンパーの開発に携わった人間として、今回の新しいシステムをぜひ体験してみたいと思っています。
何と言っても「オーリンズ」ですからね。悪い分けがありません♪(^O^)/
https://www.youtube.com/watch?v=TlwWL9hupwE

2019年6月7日

ナンバー付きS15君は、普段の街乗りでも、サーキットでも、ジムカーナでも、タイヤが大きく変らない限り、ダンパーセッティング(段数)は同じです。
もちろん、硬い(しっかりしてる)感じはありますが、バネ&ダンパーのバランスが良いので個人的に苦にならない硬さです。

で、時々、次男君の通勤車(軽自動車)を運転すると、これがメチャ硬い!
正に「硬い」という表現がピッタリな乗り味です。
某D社のターボモデルですが、S15のスポーツセッティングより硬さを感じます。
もちろん、その硬さは軽快な動きと安定した走りのためには必要な硬さではありますが、とても長距離を乗る気にはなりません。

コペン用BPSダンパーと比べたら、その乗り味には大きな差があります。(値段も大きく違いますが!)
以前から軽自動車用の特注ダンパーのご注文を多くいただきますが、ノーマルに乗ると「なるほど~~~」と思います。

BPSダンパーは軽自動車用と言えど、スポーツカーや所謂高級セダン用のダンパーとクオリティも性能も何ら変わりがありません。
ユーザー様にお支払いいただく金額以上の走りをお届けする。
今後も、この基本スタンスを忘れずに最上の走りをお届けしていきたいと思います。

と、今日もS15でちょろっと山道を走りながら、そんなことを考えていました(^O^)/

ペダルの踏み間違いによる暴走事故をSTOP!

2019年6月7日

『暴走ストッパー』の効果紹介動画

昨日、愛知県にある幸田サーキットで毎月恒例のスポーツドライビングラボが開催され、参加してきました。
すると主催者であるAzurの川村代表が『暴走ストッパー』の効果を認めていただき、急遽動画撮影をして、紹介動画としてアップしてくれました。

私とは違った目線で紹介してくれていまして、どちらかというとこの動画のほうがよくできています。
尺の問題で、2編に分かれています。ぜひご覧いただきたいと思います。

https://www.youtube.com/watch…

https://www.youtube.com/watch?v=k67GqIDOMlg

Azurの川村代表は、自動車用サスペンションシステムのオーソリティーでして、特にショックアブソーバーの造詣が深く、オーリンズをベースとしたものや、オリジナルのものを製作販売しています。
また、ジムカーナで何回も優勝を経験している重鎮です。
http://es-azur.com/

また、突然にコースを借用させてくれた、幸田サーキットは、愛知県幸田市にあり全長が約1㎞の本格的サーキットです。レンタルカートも含んでいろんなイベントを開催しております。
http://www.yrp-net.com/

尚、今回の車両には当社で開発に参画していますeConcept商品の量産試作シフトスイッチが装着されていまして、市販純正車両とはシフト操作が異なります、ご承知おきいただきますようお願い申し上げます。

今週いっぱいはメールの返信のレスポンスが悪くなります。ご了承ください。

2019年6月4日

毎月、月頭は美浜ジムカーナDAYと幸田スポーツドライビング・ラボがあるので大忙しなんですが、今週は金曜日に特注製作品のフィッティング(現車合わせ)のため岐阜県へ。
土曜日は午前中に幸田サーキットアタックのデモランをしてから急いで工場に帰って、午後は遠方からお越しくださるユーザー様の対応。
日曜日はファクトリー・イオさんの練習会にお邪魔して出張タメ部屋(オーリンズ説明会)と、移動も含めかなりハードな1週間となります。

雨マークがあった水曜日も雨の心配は無さそうです。
木曜日は晴れ♪ 金曜は雨天でも大きなショップさんでの作業なので問題無し。土曜日は工場なのでまったく問題無し。日曜日はウェットトレーニングなので、更に問題無し。移動は楽ちんS15シルビア君なのでスイスイ~~~♪
こんな感じで、マイペースでハードな1週間を楽しみたいと思います。

各所でご一緒するみなさん。よろしくお願いします~~~(^O^)/

キョウセイ・ジムカーナシリーズ AZUR賞♪

2019年5月23日

もう20年以上、シリーズ賞として協賛しているキョウセイ・ジムカーナシリーズのAZUR賞。
当該年度の翌年の間に、ご使用中のオーリンズダンパーのOH&仕様変更費用を無償でご提供させていただいてます。
去年、見事に賞をゲットした大谷さん。
本日、脱着工賃のみで作業させていただきました!
ちょっとフロントのアッパーマウントも対策して、最新スペック(スポーツラジアル仕様)へ仕様変更です♪
次回の走行が楽しみですね(^O^)/

他所で過去に製作された特注ダンパーのOH&仕様変更もお気軽にお問い合わせください。

2019年5月19日

AZURでも、オーリンズベースの特注ダンパーを数多く製作させていただきました(※現在はオーリンズベースの特注ダンパーの製作は一切行っておりません)。
その関係で、他所で製作された特注オーリンズのOH&仕様変更も数多くご依頼いただきます。
ショップ様のオリジナルはテストを繰り返してスペックを決定する場合が多いので、各ショップ様の個性が出ているスペックとなっている場合が多いですが、ワンオフ品の場合は、基本的に十分な評価が出来ていないケースも多く見受けられます。
特に外車用のワンオフ品や、国産でもレアな車輛用のワンオフ品などは、どのようにして、このスペックを決定し製作されたのか?が謎なスペックも少なくありません。

AZURでは、初めて製作する車種用のダンパーの場合、独自の方法でスペックを決定しています。
この方法を用いると、ほぼ狙った動きを作り出すことが出来ます。それは今までに何百スペックと製作してきた特注ワンオフダンパーの動きが物語っています。

謎なスペックの特注ダンパーは一体どういう方法で製作されているのか?
まさか、ノーマルダンパー比で・・・とか計算値でスペックを決定することは無いと思いますが。(汗)
ちなみに、ノーマル(純正)ダンパーの多くが低圧ガス式ダンパーですが、オーリンズのような多段積層バルブ高圧式ダンパーの場合、低圧式とはそもそも減衰の出方が違います。当然、実際に車輛に取付けた場合の働き方も異なります。

AZURでは30年以上に渡り、数多くの車種&用途に合わせて1万種類以上のバルブスペックをセッティング&評価して来ました。
その過程で得た膨大なノウハウを基に、ワンオフ品もその車輛の特性およびユーザー様のご要望に合わせて、丁寧にセッティングさせていただいております。

過去に製作された特注ダンパーの動きにご不満がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
見た目は同じでも、動きはまったくの別物になったダンパーをお届けいたします。

また、現在はBPSダンパーとして、特注品(競技専用等)やワンオフダンパーの製作を請けたまわっております。
お気軽にお問い合わせください。

お宝ダンパー発掘♪

2019年5月15日

今日、倉庫で探し物をしていた時に発見したお宝ダンパー君。
ぬぁ~~んと!
30年前に発売前のオーリンズを評価した時の試作ダンパーです。
試作品はメッキでは無くて塗装でした。
私が金のメッキが良いとだだをこねて製品は金メッキになりました♪(^-^)/

 

令和元年・一発目の幸田スポーツドライビング・ラボ。

2019年5月3日

令和元年、公認ジムカーナ復活と、いつもと違う幸田スポーツドライビング・ラボにご参加いただきありがとうございました!
ラボのコースは15台前後の走行を考えて設定していますので、30台オーバーの参加車輌をスムーズに回すのは、とても気を使って疲れました~~~。
午後のアタックは本数は少なかったですが、幸田サーキットのショートカットを難しい方法で走る設定なので、色々と勉強になったと思います。
巧く走れなかったところが「甘い」ところです。自分の苦手なコーナーを攻略することが、スキルアップに繋がります。
ジムカーナドライバーのみなさんも、基本的な操作の甘さを確認できる幸田スポーツドライビング・ラボを、またぜひご活用くださいね♪

ありがとう!平成の時代♪

2019年4月30日

平成31年4月30日。
平成最後のオーバーホール&仕様変更作業はハイエース用ダンパーでした!
昭和57年創業。昭和~平成~令和と仕事を続けて来れたのは、ユーザー様、1人1人のお蔭です♪
令和の時代もよろしくお願いいたしますm(__)m

第1回スポーツセッティング・ラボ開催!

2019年4月11日

明日はモーターランド鈴鹿さんで、MLSスポーツセッティング・ラボを開催します。
このスポーツセッティング・ラボは今年から展開する「クルマとドライバーは二人三脚」を体験&研究していただく企画です。
今回は、その記念すべき第1回をモーターランド鈴鹿さんの協力で開催します。
超テクニカルなモーターランド鈴鹿のコースで、気になるクルマの動きをチェック&セッティング!
何をどうすると、どういう動きになるのか?を実際に体験しながら今後のセッティング&ドライビングに役立たせていただくのが目的です。
私が乗って、私好みにセッティングするわけではありません。あくまでもオーナー様に体験していただきながら、セッティングを研究してもらうという企画です。
費用はモーターランド鈴鹿さんのラッキーフライデイの走行料金のみ。
愛知や滋賀、大阪からも近くて便利なモーターランド鈴鹿で楽しく研究しませんか♪
http://www.motorlandsuzuka.com/main.html…

このページのトップへ

Calendar Loading